19th Ave New York, NY 95822, USA

クリスタルボウル演奏会の本番前に、パクパク食べる自分に見る成長

・クリスタルボウル演奏会の本番前に、パクパク食べる自分に見る成長

ゆあさこです。

 

 

侯爵邸洋館のクリスタルボウル演奏会を開催して、感じたことがあったのです。


▽▽演奏会の様子はコチラ▽▽


【開催報告】侯爵邸洋館のクリスタルボウル演奏会


経験積んだな~。って。


あんなに怖かったことが、今じゃ余裕でできている


演奏会前に、お昼ごはんをパクパク食べてたのです。


スタッフの一人に、


「緊張しないんですか?よく食べてますけど」


と聞かれて


「うん。してない」


と、むしゃむしゃ。

でね、そこで思ったのです。


あ!!神戸の演奏会では、全然お昼ご飯食べてなかった。


自分が主催で、30名近く人がいて、しかも初遠征演奏会。


ドキドキバクバクはしないけど、やっぱり緊張してたから、お昼ご飯食べる気にならなかった!って。


それが、こわいこわいこわーーーい経験を1度超えたら、それが余裕になっていたことに気づいたのです。


この間の演奏会の前日も、ふと、


「あー、こわ。緊張するなー。なんでやるって言っちゃったんだろう。」


とは思いました^^;


でも、当日は始まるまで緊張してなくて、


でも、始まりの3分くらいは、ドキドキ緊張しました(笑)


緊張してるんだか、してないのか、どっちなんだ??!!

 


とはいえ、明らかに以前よりは緊張しなくなっています。

 

そして、


クリスタルボウルを何回か鳴らすと、スーッと緊張が解けていく不思議^^


そこからもう全然大丈夫。


もう怖さはない。

 

 

***


私の活動のスタートは、ママ友に1000円の音浴会から。


お付き合いですよね^^;


それでも、本当に本当に、怖かったのです。


ひとつひとつ、こわいよぉ。できるかなぁ。ドキドキしていました。


それを、また一つ一つ超えていったら、今ではこの規模です。

あの時必死になっていたことが、余裕なこと、たくさんあります。


よく言われる、ありきたりなことかもしれないけど、


怖いこともやり続けていけば、余裕になります。


えいっ!とやり切れば、どんどん枠は広がります。


いつか時間ができたら。お金がたまったら。


できるようになったら・・・


自分のペースで・・・


これは、怖さを隠すための、逃げ口上かもしれないと、思うのです。


時間があっても、お金がたまっても、やるのが怖いのはこわい!


マジで心から本当にやりたくない!!ということは、やらない方が良いと思います。


でもね、怖いけど、その先に見えそうなものがあるのなら、やってみよう。


そう思った演奏会でした。

では、これからもっと人数多くなる演奏会を目指すのか。というとそれは目指しません。


100名とかで、バーーーン!!さあ!見て!! とかね。


それは怖いからではなくて、


今の私は、1度にクリスタルボウルを聞いてもらう人数を増やすことや、こんな私を見て!すごいでしょ!という承認欲求を満たすことは、目的じゃないから。


ここではなくて、違う怖さを乗り越えていくかもしれません。


何かはまだわかりませんが^^