19th Ave New York, NY 95822, USA

「自分とつながる」抽象的な言葉を説明してみる

230147709_133022228996403_3832468207632895497_n

●「自分とつながる」抽象的な言葉を説明してみる

こんにちは。ゆあさこです。

 

 

自分とつながる



内側とつながる


よく使われる言葉ですね。私も使います。


〇〇さんは、この「自分とつながる」、どのような意味に感じますか?

自分を知る。


本来の自分に戻る


自分を取り戻す。


このようなイメージでしょうか。


抽象的ですよね~

ただ私は、他人軸であった自分をNOとして、本来の自分に戻る。


心地よさ第一優先に、我慢しない自分が本来の自分


というニュアンスには、賛同しないかな。と思っています。

 

 

どんな自分も自分。


たとえ、他人の基準に左右されようとも、それも自分です。
 
 
そして、目を背けても、結局、自分の中のタネに向き合わないと、同じ気持ちを味わう出来事は、何度もやってくるよね・・・?


と思います。
「自分とつながる」・・・> この意味を簡単に言うと

 
自分の心の声を聴き、それに従う、といったことかと思います。


ただ、それだけなのか・・・?


答えは、それだけではない。


ここに、自己受容が大事だと、私は思っています。
 
 
知る、気づくだけでは、「あーそうなんだ」で終わる。


何か、腑に落ちるような、視界が開けたような感覚はするけど、一時的なスッキリ感。


それは認識するだけで、自分とはつながりきれていません。


つながるとは、そこから今の状態も、望むことも受容する。


気持ちも行動も、今の状態も望むことも、どちらも「そうだったんだね」と受容して、


どちらも「それでいいよ」と許可して、丁寧に接することだと、思うのです。
繋がっていない状態のときって、認識するだけで、今の状態を否定し、それを打ち消すかのように行動をしています。


不足分を補うように…


否定をベースに行動しているから、その行動も否定につながって、結局は行動しても満たされないにつながるのです。


これでは、自分とつながっていないですよね。


ただ、今したい「行動」だけをするのではなく、今の状態を受け入れて、丁寧に向き合い行動する。


そして、じんわりと広がる心地よさを味わう
 
 
望む感覚を知る


それが自分とつながる、ということなのではないかな。と思います^^


今日、公園まで歩いていて、ふっとそんなことが思い浮かんで、アウトプットしてみました。